docLine

2011

Jan

14

新年明けましておめでとうございます 海外出張編No2


snakebit

皆さま あけましておめでとうございます。 本年もよろしくお願いいたします。我々のシェルビーワールドに取りまして 良い1年でありますよーに 心よりお祈りいたします。私は 1月3日より アメリカに来ております。今年は 私にとって"整備の年"と言う事で 、次のステップに向けての準備だったり整理清算の年であるそうです。 で、縦は縦、横は横で 3日よりアメリカ入りまして 色々やっております。

まず、今回の主な目的は、前回去年の4月まで居た時に残った仕事の整理と 注文した色々な部品 その他の状況と2010年、11月21日からスタートし新社が4台 中古車が1台 それと修理で預かっている車輛の部品の仕入れもついでに行う予定です。

まずは アーバインにあります シェルビーデストリビューション社の ランス氏の所にMikeさんと一緒に行ってきました。

今後のアジアマーケットに向け、私共で提案いたします "もっともっと色いろ な方々に、私共の 2011年式 シェルビーアジア社 アジア限定モデル427コブラ"を出すんです。そのクルマの細かい打ち合わせと 今後の件で 行ってまいりました。大事な時のミーテングは Mikeさんが行く事に成っているんですねん。

一般的な用事の場合は ボーヤが行く事に成っています。

では此処で パーパパパパパーパーーーン ちょっとだけよー・・・・・

エンジンのスタンダードは、FORD 302ci ホーリーですが オプションでコヨーテまたはインジェクションのROUSH、またはスパーチャージャーのROUSHから選んで頂きます。

その他オプション装備ですが エア-コンディショナ-、パワーステアリング,ハードトップ,18インチのホィ‐ル等色々ご用意させていただきました。

車輛販売価格 6、500、000円 (横浜店頭販売価格)にて 全国の 販売店から 販売いたします。お楽しみに・・。

次は,前回のメルマガでご紹介しました GTD40をお持ちのMさんから、色々こうしたいああしたいと言うご希望があり、私がお手伝いを現在しております。まずは 外装から。

最終的に、この様にしたいんです。

問題は・・ホィ‐ルなんです。多くのGTDの方々が 希望をされているんですが 中々 GTDの場合は問題があって・・このとおりです。

で フィルシュミッッ氏とMikeさんに登場して頂き・・。

この様になっているんです。 これがまたまた問題なんですよ・・・・・

さぁ 始まりです。私が思うにはGTD用に センターロック式のホィ-ルを付けれるようにすれば 日本国内で現在GTD40をお持ちの方々に 喜ばれるのでは。ぜひ センターロック式にしたい方は お問い合わせください。予算はざっくり ホィ-ル タイヤ全て 込みで60万円位であげたいと思います。 もちろんタイヤはこれですねん。AVON社製 white letter tires クラッシックですね。

それから、エンジンンですが 、キャブは ウェ-バーのダウンドラフトを付けて400馬力ぐらいのエンジン クラッチ一式をコンプリートで購入されました。

これにこのコンぺテッションの バルブカバーを付けて,ウエーバーのスロットルと プレートを付けて

内装なども この様に SPF社の センターセクションを流用して 運転席の所を ORGのGT40同様にしてしまおうと言うものなのです。

ご希望の方は 此処のセンターセクションの所を コピーいたします。製品は スチール製、グラスファイバー製,カーボンファイバー製とございます。詳しいことはこちらから、お問い合わせください。GT40は現在私どもではお二人の方がプロジェクトとして進めております。もう1方の方は,「このGT40Mk-1 が夢の方でこの様にしたいんです」と言う事から始まりました。外装も内装も足回りも,全てこのクルマのクローンを作られるのです。

インテリは、これとまるっきり同じにします。この様な オリジンル部品を調達してあなたのGT40をオリジナルの様に仕上げてしまうと言うのも 良いかもしれません。お手伝いさせて頂きます。こちらからお問い合わせください。

あなたの夢のクルマ FORD GT40 私共でこだわってみました 今粛々と進めております。

次は,この部品を首を長――――――――――――くして待っている方がやっとOKです。

やっと到着します 少々お待ちください週末には OKでしょう。

Daytona Coupeのお客さんには、ピートブロックさんにからサインを頂きました。先日 Torranceに来られた時に 書いて頂きました。

さぁ次は,この方の所に行ったら・・日本の方が来て ハブシャフトを探していると言っているそうです・・でもそれって ERAで売っているクロモリのハブでいいんでは?去年の今頃 ハイテックのコブラと言う事で頼まれ、私の所にありますよ・・・??

現在非常にドル安、状況の昨今 シェルビーデストリビューション社ではこの様な クルマが即納車で有ります。ご興味のある方はこちらからお問い合わせ下さい。現在 即納車が7台 ローリングKITが3台ございます。

さあ この方は 、私が1986年から1998年まで横浜で、営業しておりましたコブラカンパニージャパン社という会社を やっていたんです。その時に工場として契約をしていた H&H クラッシックマスタング社と言う会社が、サン ディエゴに有りました。 そこの責任者のデーブホップス氏です。この方は 先日まで 目メキシコ HST社の 、シェルビーコブラの工場で 働いてらっしゃいました。

http://www.youtube.com/watch?v=VB8xCAY-j0k&feature=related

なんとその方の工場に行ったら、固まりましたね 。 24年前に私が日本からプレゼントしたんですこの看板を・・。

この2枚の看板を彼らに渡したんです。 んんんんすごいですね 。24年間この様に、持っていたんですね 。

何も言えなくて・・・エス コンディドですね。 (向かって上段 左から3番目の方です 。1990 11、21)

さあ此処で新年一発目の お勉強 。 コブラにはCSX2000 ・CSX3000 ・CSX4000 と言うモデルがあるのですが CSX2000と CSX3000は60年代当時の物なんです。 俗にいう,オリジナル で 1996年に当時まだCSX4000シリーズなんて オタマジャクシにもなって無い時に、色々私は奔走してやっていたんですが・・。 このCSX4000と言うのが 昨今の経済状況の影響で 結構売れのこってしまっているんです。で 此処で現在は正規の サースアフリカ製の CSX4000シリーズは CSX6000番に成っているんです。 で 此処でお勉強は 私が 去年の メルマガで 北海道のお客様に 納めたのが CSX6016 なんです。此処で注意をしてほしいのは CSX6000と言うのは 何時からのモデルなのかといいますと、このCSX6016 が 2009年式 12月のクルマなんです。もちろん SAACのワールドレジストリーには 2009年式と登録されるんです。 ですので、よーく気お付けないと 売れ残りの 車輛を買ってしまう方がよーくいるそうです。よーくデーラーの方に 聞いて 売れ残り車を購入しないようにしなければ いけません。なぜCSX4000を購入するかと言うと シェルビーの所からデリバリーされて SAACのレジストリーブックに掲載されるからだと思うんです。もし 売れ残りを購入するのでしたら 車輛価格を 安くしてもらったら良いと思います。又は ちゃんとKnow Howがあるデーラーからの購入をお勧めいたします。売れ残りの車輛は アメリカでは、少々安く販売されるそうです。

次は CSX4900番代の不思議・・・・それは、メヒコとアフリカの違いでした・・・。これは、次回 にお知らせいたします。次回は シェルビーBASHの模様と 今後の展開等をお送りいたします.

Racing Division 社ではこの様な物を 現在販売しております。興味のある方は こちらからお問い合わせください。

最後に 私は これで フロントは289でリアは427モデルのコンプカーを作ります。

Mikeさんが欲しいかと言うので、「Yes yeeeeeeeeeeeeeessss」と言ったらくれました。

Pepeさんが 来たらやって頂きましょう。おまけで この方とボーヤが来ますよ。

<編集後記>

いやー今回は、3日に入って12日に帰ってくるのですから・・。というのは 私がこれからアジアの国々にシェルビーアジアのデーラーを作っていくのですが、その第一弾として マレーシアから弁護士をされているFisol Ismail 氏が来日されました。そして今後マレーシアでのデーラーのセットアップをされるんです。この方です。この方は1996年にマレー シア で行われた プロジェクトを一緒にやりました。この方が今回ある企業の方を同行されて居らっしゃるので、12日開けて13日に帰国しました。

さあ アジアのマーケットが今動き出します・・。こうご期待ください。

年末は家族で初日の出に行き 今年の初日の出はに仲間に入れてもらいました・・。

あまりの寒さに 私のあそこは・・お稲荷さん状態でした。

俺も・・仲間に入れてください。!!!!!

1月1日 元旦 横浜港からでした。 今年一年が皆様にとって良い年に成ります様に、心からお祈りいたします。

docLine

pageTop