docLine

2011

May

23

コンテンポラリーコブラ20年ぶりの帰郷!


takumi

コンテンポラリー20年ぶりの帰郷!
コブラカンパニーにて販売したコンテンポラリーが20年ぶりに人間ドック? の為、帰って来ました!

販売された時の状態から色々変更 改良・改悪箇所があります。
全ての所を点検いたしました。内容はこちらをクリック!
とりあえずエンジンおろしま~す!

う~ん!ダメポ
これから綺麗に仕上げていきますので。お楽しみに!

コンテンポラリー 427エンジン リペイント!
前回ご紹介したコンテンポラリーのエンジンをリペイントします。
塗装はがしま~す!

フォードのファクトリー出荷時って、この色なんですよ!

この状態から、コブラに積まれる時はブラックに、マスタングに積まれる時はブルーに塗装されるのです。
このエンジンは1989年販売当時に、お客様からの依頼でNOS(ニュー・オールド・ストック 「フォード・モーター・コーポレーションの工場にストックされていた新品」)のブロックを組み込みました。
1989年当時でも、427エンジンは、ほぼ100%、リビルトされたエンジンで、新品のオリジナルボアのエンジンなんて、どこを探しても見つかりませんでした。
そこで私、田邊が、フォード・モーター・コーポレーションのエンジン制作部門責任者ランディー・リッチ氏より譲り受けました。
現在では、欲しくても多分存在しないであろう希少なエンジンなのです。
エンジンなんて型式が一緒だったら同じだろうとお思いの方もいらっしゃると思います。
知らないって怖いですね!

コンテンポラリー 使用前!
コンテンポラリーのエンジンおろしたのですが...BMWの電動ファンが、ついてる...

フロントのショックはコイルオーバーにします!

クラッチのシステムを現在のクラッチシステムから油圧式のセンターフォースに変更します!

使用後が楽しみですね(笑)

コンテンポラリー クラッチシステム 使用後!
クラッチのシステムを現在のクラッチシステムから油圧式のセンターフォースに変更します!
今までのシステムを...

外し~の...

油圧式のセンターフォースにします!

そしてディスクはダイヤフラム式にします。
これにより、今までのクラッチのわずらわしさからオーナー様が解放されます!

コンテンポラリー 427エンジン リペイント 使用後!
塗装をはがしたエンジンをペイントしました。
使用前(笑)...

バルブカバーはサンドブラスト加工いたしました。

リペイントして組み立てます。

こんなに綺麗になりました!

コンテンポラリー キャタリストペイント!
フレームをキャタリストペイントします!
施工前...

キャタリストペイントしました!

エンジンルーム内も塗装しました!
う~ん! GOOD!

コンテンポラリー 足回り リニューアル!
ショックをコイルオーバーの車高調整式にいたしました!
もとのショックは、すでに抜けているので車高が傾いていました。

左が使用前で、右が使用後です(笑)

ガソリンタンクもキャタリストでペイントいたしました。

走りにあわせたセッティングの幅が増えましたね!

コンテンポラリー ラジエターパネル 制作!
今回はラジエターパネル制作、取り付けいたします。
以前はBMWの電動ファンが、ついてたのですが...

こうするのが、正しいのです!
冷却効率バッチリですね!

コンテンポラリー キャブレター オーバーホール!
キャブレターをオーバーホールしましょう!

ばらして洗浄しま~す!

吸気のレスポンスがよくなりますよ!

コンテンポラリー 大詰め!
コンテンポラリーも完成が近づいてきました!

エンジンBefore

エンジンAfter

マフラーAfter
Good!

コンテンポラリーコブラ最終局面!
こんにちは!このグリーンのコンテンポラリーコブラも最終局面を迎えました。
完成して今 思う事は20年前のこのクルマを色々作っていた時の事が思い出されます。
当時このクルマは60年代のカーレーサーで 式場惣吉さんと言う方が 日本にシェルビーコブラを輸入され、街を颯爽と走っていて私共のお客様の中にも信号レースをやったなんていう方がいらっしゃいました。
その中のあるお客様がどうしてもあの"アーモンドグリーン"のあのコブラをイメージして 相当な時間とお金をつぎ込んで製作しました。

このクルマを見本にコンテンポラリーのコブラをベースに作りました。
コンテンポラリーコブラは基本的に 427S/Cがベースなので、式場さんのクルマはストリートモデルなので本当に大変な作業でした。
この様にフロントのフェンダーもこの様にカットしました。

SCは左の様に 斜めに外側に出ているんです。ストリートは直角に横に出て・・・

マスクもコンテンポラリーは28cmですが、 オリジナルは30cmなんで変更しました。

マスクはご覧のように大きく開いているんです。

自分で言うのもなんですが、良い感じの出来ですね。

これは当時(コブラカンパニー時代)にコンテンポラリーコブラをオリジナルのボデーをベースに改造してみました。
貴方のコンテンポラリーをこの様オリジナルボデーコンバージョンを使い 格好良くしてみませんか?
貴方の夢をかなえる会社です。
これがオリジナルのコンテンポラリーコブラです。

コンテンポラリー完成!
コンテンポラリーが完成いたしました!

綺麗に仕上がりました!

docLine

pageTop