docLine

2012

Feb

01

"鉄の気持ちにこだわってみました"


takumi
あなたの二輪・四輪すべての鉄製品の錆び、腐リ等を、そのお預かりした物の特性によって、厚み・材質・等それぞれの細かさの材質を変えて、サンドブラストをお受けいたします。

これらが私が、以前に施工した参考資料です。

この様に、クルマ一台丸ごとでも、弊社提携先の工場にてサンドブラストいたします。またその後の施工によって、色々仕上げ方も変更いたします。

ぜひ一度、お見積り依頼窓口からお問い合わせください。

電着(カチオン式)

サンドブラスト・コーテングをしたボディーを、そのままにしておいたら空気中の水分に反応してすぐに錆びてしまいます。

ですので、弊社ではその後防錆オイルを塗って次のステップに進みます。

弊社では、提携先の工場にてこの様な電着加工を施します。

これは1967年式「マスタング・ファーストバック」に電着を施した時の作業工程です。
田邉一押しの工法は・・・これです。

鉄の気持ちにこだわってみました 鉄の気持ちにこだわってみました 鉄の気持ちにこだわってみました

鉄の気持ちにこだわってみました 鉄の気持ちにこだわってみました 鉄の気持ちにこだわってみました

鉄の気持ちにこだわってみました 鉄の気持ちにこだわってみました 鉄の気持ちにこだわってみました

鉄の気持ちにこだわってみました 鉄の気持ちにこだわってみました 鉄の気持ちにこだわってみました

鉄の気持ちにこだわってみました 鉄の気持ちにこだわってみました 鉄の気持ちにこだわってみました

鉄の気持ちにこだわってみました 鉄の気持ちにこだわってみました 鉄の気持ちにこだわってみました

鉄の気持ちにこだわってみました 鉄の気持ちにこだわってみました 鉄の気持ちにこだわってみました

鉄の気持ちにこだわってみました 鉄の気持ちにこだわってみました 鉄の気持ちにこだわってみました

鉄の気持ちにこだわってみました 鉄の気持ちにこだわってみました 鉄の気持ちにこだわってみました

鉄の気持ちにこだわってみました 鉄の気持ちにこだわってみました

docLine

pageTop